Latest

旧法借地権の場合、契約更新を行なうことによって、基本的には永続的に土地を使い続けることができます。その一方で、定期借地権の場合、契約期間が満了すると同時に、契約そのものの終了が確定することとなります。そのようにして、土地を借りる契約が終了すると、建物の所有権があっても、その建物を撤去して、更地とした上で、土地の所有者へと明け渡さなければなりません。そのように、定期借地権付きの物件には、契約期間の満了・契約の終了にともない、土地を返還するリスクが発生するという点に注意する必要があります。

また、旧法賃借権と定期借地権には、契約期間の違いもあります。その内、前者の場合には、先に述べたように法低更新をすることができるため、契約期間は定められていても、実質的な意味を持ちません。その一方で、定期借地権の場合、こちらも先述のように、契約期間の満了とともに契約を終了させることができるため、契約期間に注意する必要があります。

次に、旧法賃借権と新賃借権には、契約期間・更新後契約期間に違いがあります。まず、契約期間については、旧法賃借権では、地上に建築するのが「硬固建物」・「非硬固建物」の内、どちらなのかによって契約期間・更新後契約期間がいずれも30年・20年と変わります。その一方で、新賃借権には、地上の建物による分類はありません。

借地権付きの不動産を購入する場合には、「地上権」・「旧法賃借権」・「新賃借権」・「定期借地権」の権利の内、どれが付いた物件なのかを前もって確認しておく必要があります。

話は前後しますが、4種類の借地権は、「物権」と「債権」に大別することができます。借地権の中で、地上権は物権に、その他3つの権利は債権に分類されます。その内、物権に属する地上権は、基本的には所有権と同じとみなすことができるほどに強い権利です。そういった事情から、地上権の付いた物件の場合、土地を「借りる」というよりも、「買う」という色合いの方が濃くなります。

次に、債権に属する旧法賃借権・新賃借権・定期借地権という3種類の権利は、関連する法規の制定された時期に基づいて分類されます。具体的には、1992年8月1日よりも前の借地契約では、旧法賃借権が、1992年8月1日より後の借地契約には新賃借権もしくは定期借地権が適用されます。そして、旧法賃借権と新賃借権は、厳密に言えば若干の違いはあるものの、本質的には同じものです。

次に、旧法賃借権と定期借地権には、法定更新の有無という違いがあります。その内、前者には法低更新があり、後者には法低更新が存在しません。

この先、借地権の付いた物件を購入する時に備えて、「借地権」という言葉の意味を調べてみたものの、分かりづらくて理解できないという人も見受けられます。ひと口に借地権と言っても、さらに細かい種類に分けられます。したがって、この言葉の意味を理解するには、それぞれの権利に関する情報を収集する必要があります。

まず、借地権とは、読んで字のごとく、土地を借りる権利のことを意味します。借地権付き物件を利用するに際しては、土地と建物の購入に於いて、土地を誰かから借りる契約を結ぶこととなります。

物件を購入するに際して、建物だけを買っても、土地の使用権が無ければ、購入した建物を利用することはできません。例えば、物置を買った後、その物置は公道や他人の敷地内に置くことはできず、自身に土地の使用権がある場所に限られます。そのように、使用権のある土地が無い場合には、所定の代金を支払い、他人から購入する、もしくは借用することができます。その内、他人から土地を借りて使う権利のことを、借地権と呼んでいる訳です。

次に、借地権には、大きく分けて「地上権」・「旧法賃借権」・「新賃借権」・「定期借地権」という4つの種類があります。

世の中には、これから不動産を購入しようと考えている人も存在します。そういう人にとって、借地権付きの物件を購入するのも一つの選択肢となります。そのような場面に備えて、「借地権」という言葉の意味を理解しておくことも大切なファクターです。

最初に、借地権は、その名の通りに土地を借りる権利のことで、借地権付き物件の購入に際しては、土地・建物の内、土地を借りる契約を取り交わします。建物だけがあっても、土地の使用権が無ければ、その建物を使用することはできません。そのような問題を解決するために、土地を購入する、あるいは借用するという選択肢があります。その内、後者の方法で利用することのできるのが、借地権付き物件という訳です。

次に、借地権は「地上権」・「旧法賃借権」・「新賃借権」・「定期借地権」に大別されます。借地権付き物件の購入に際しては、その内のどの権利が付いているのか、事前に確認する必要があります。また、それら4種類の権利の内、地上権は「物権」、他の3つは「債権」に属します。その内、債権に属する3種類の借地権は、関連法規の制定時期を基に分けられます。

このカテゴリーでは、借地権の種類に関するさまざまな情報を提供してまいります。これから不動産の購入を考えている方、「借地権」という言葉の意味を自分で調べてみたものの、難しくて理解できなかったという方は、是非チェックして、実際の生活シーンで役立ててみて下さい。