この先、借地権の付いた物件を購入する時に備えて、「借地権」という言葉の意味を調べてみたものの、分かりづらくて理解できないという人も見受けられます。ひと口に借地権と言っても、さらに細かい種類に分けられます。したがって、この言葉の意味を理解するには、それぞれの権利に関する情報を収集する必要があります。

まず、借地権とは、読んで字のごとく、土地を借りる権利のことを意味します。借地権付き物件を利用するに際しては、土地と建物の購入に於いて、土地を誰かから借りる契約を結ぶこととなります。

物件を購入するに際して、建物だけを買っても、土地の使用権が無ければ、購入した建物を利用することはできません。例えば、物置を買った後、その物置は公道や他人の敷地内に置くことはできず、自身に土地の使用権がある場所に限られます。そのように、使用権のある土地が無い場合には、所定の代金を支払い、他人から購入する、もしくは借用することができます。その内、他人から土地を借りて使う権利のことを、借地権と呼んでいる訳です。

次に、借地権には、大きく分けて「地上権」・「旧法賃借権」・「新賃借権」・「定期借地権」という4つの種類があります。