世の中には、これから不動産を購入しようと考えている人も存在します。そういう人にとって、借地権付きの物件を購入するのも一つの選択肢となります。そのような場面に備えて、「借地権」という言葉の意味を理解しておくことも大切なファクターです。

最初に、借地権は、その名の通りに土地を借りる権利のことで、借地権付き物件の購入に際しては、土地・建物の内、土地を借りる契約を取り交わします。建物だけがあっても、土地の使用権が無ければ、その建物を使用することはできません。そのような問題を解決するために、土地を購入する、あるいは借用するという選択肢があります。その内、後者の方法で利用することのできるのが、借地権付き物件という訳です。

次に、借地権は「地上権」・「旧法賃借権」・「新賃借権」・「定期借地権」に大別されます。借地権付き物件の購入に際しては、その内のどの権利が付いているのか、事前に確認する必要があります。また、それら4種類の権利の内、地上権は「物権」、他の3つは「債権」に属します。その内、債権に属する3種類の借地権は、関連法規の制定時期を基に分けられます。

このカテゴリーでは、借地権の種類に関するさまざまな情報を提供してまいります。これから不動産の購入を考えている方、「借地権」という言葉の意味を自分で調べてみたものの、難しくて理解できなかったという方は、是非チェックして、実際の生活シーンで役立ててみて下さい。